冬の滝めぐり

2016年「NPO法人飛騨小坂200滝」ガイドさんと行く冬の滝めぐり

コース名
冬の滝めぐり「仙人滝コース」
ツアースケジュール
10:30~ガイドによる受付と説明。
11:00~ガイドツアースタート。当館~御嶽小坂登山口~仙人滝まで往復。
13:00 終了、解散。
※ツアーに昼食時間は設けておりません。
※天候、積雪状態により時間が前後することがあります。
期間
1月初旬~3月中旬(積雪状態で前後します)
集合場所
旅館御岳ロビー。
料金
おひとり様6000円 (大人、お子様とも一律です。ガイド料、保険料、かんじきレンタル代含む)
代金は出発前説明時にガイドに直接お支払い下さい。
御嶽クーポンご利用いただけます。(3月1日まで)
 
参加資格
健康で歩くことが好きな小学生以上の方。
※未成年の方は保護者同伴で、ご参加ください。
下記注意事項欄に該当する方は参加をお断りする場合があります
催行人数
2名様より。
持ち物
ウェア(防寒・防水のもの)、防水手袋、長靴かスノーブーツ、飲み物
身分証明証(免許証等、保険加入に必要です)
健康保険証
適切な装備が用意できない場合参加をお断りすることもあります。
お申込/お問合せ
旅館御岳 0576-62-2124(受付時間7:00~22:00)
まずはお電話にてお申し込み下さい。ご予約は前日17時まで承ります。
ただし、ガイドさんのスケジュールの都合上、ご希望に添えない場合があります。
ご希望を伺ったのち、こちらから可否をご連絡いたします。 
その他
ツアーからお戻りの際の昼食、必要な方は別途ご用意いたします。(要予約、有料)
お戻りの際のご入浴無料です。ぜひご利用下さい。
注意事項
前日17時以降のキャンセルはガイド料の100%請求いたします。
当日の天候により、ガイドの判断でツアーを中止する場合があります。
積雪、凍結による道路状態により、当日ガイドが到着できない場合があります。その場合はツアーは中止いたします。

※ガイドさん同伴とはいえ厳冬期の山に分け入るツアーです。以下に「NPO法人飛騨小坂200滝」で参加者に配布しております注意事項を転記しておきます。必要な心構えと準備、装備の重要さをご理解いただいてお申し込み下さい。

冬季・小坂の滝めぐりガイドツアーご参加にあたっての注意事項
※必ず最後までお読みください
 
小坂の滝めぐりガイドツアーでは普段人間が生活していない、いわば山奥へ分け入りありのままの自然を楽しむことができる素晴らしい体験が待っています。しかしながらそれは同時に危険に満ち溢れている事を忘れてはいけません。ひとたび危険な状況に陥ると命を落とすリスクが存在します。このような状況からガイドはリスクを極力排除し皆様を楽しく、無事に連れて帰るために事前準備を含め安全なガイドを行うために万全を期して臨んでおります。しかしながらそれだけでは不十分です。なによりお客様自身の心構え、事前の準備、適切な装備が大変重要です。
ひとたびツアーが始まればお客様自身の足で歩きとおさなければいけません。
以下のチェック項目を全て確認し、もれなく確認・準備して頂きますようお願い申し上げます。一つでも不安な点がありましたらご参加お見送りくださいませ。
 
【重大事項】※守られない場合は最悪の場合死に至るケースがあります。


□ツアー前日の体調管理は万全にしてください。

(二日酔い、風邪気味その他の体調不良の状態でのご参加は大変危険です。)

□喘息を過去に発症した方は予防薬の服用、携行が必須です。症状のひどい方はご参加そ  のものをご遠慮ください。

□ストップ&ゴーを繰り返すアクティビティーのため低い気温にも関わらず大量の発汗が   見込まれます。発汗は汗冷えからの低体温症の危険性があるので適切なウエアをご用意ください(特にアンダーウエアは化繊系の速乾性・保温性に優れた登山用のものをお勧めします。ヒートテックのようなレーヨン系素材、綿素材は絶対に使用しないでください。)

□ハチアレルギーなどに代表される各種アレルギー症状がある方は対処薬(エピペンなど)を必ずお持ちください。また抗ヒスタミン剤などはご自身のものをお持ちください。

□食物アレルギーのある方は事前にガイドにお申し付けください。

(ツアー中ガイドがお菓子や飲み物の提供を行う場合があります。)
その他持病をお持ちの方は常備薬を必ずお持ちください。


「飛騨小坂200滝」の公式サイトはこちら
http://www.osaka-taki.com/

 

雪山の斜面でソリ遊び!普段感じることのできないスリルを味わえるかも!?
新雪の上をかんじきを履いてかけっこ競争。みんな本気モードです!
深雪と全身で戯れます。童心へ帰ろう!
ふかふかの新雪の中を歩くのは何とも言えない気持ち良さがあります!
この季節ならではの、凍った滝の滝壺を見ることができます。一生の思い出に残ります!
思わず笑顔になってしまいます!